トップ

妊活中はストレス発散すべき

妊活中のストレス発散は温泉旅行で

温泉旅行で妊活中のストレスを発散しよう

妊活を始めて3ヶ月。私はまだ20代ですが、私も夫も1日も早く赤ちゃんを授かりたいという気持ちが強く、不妊治療に取り組むことにしました。こちらに妊活の役立つ情報がたくさん載っています。妊活歴は「わずか3ヶ月」ともいえますが、まだ妊娠の兆候はなく、毎月リセットされて生理が来るとがっくり落ち込んでしまいます。私はもちろんですが、夫もやはりがっかりしています。彼は特に何も言いませんが、落胆している気持ちが伝わってくるので、なおさら私もがっかりしてしまうのです。

治療を始めて3ヶ月ですが、すでにストレスが溜まっているのが自分でもわかります。妊活中は誰でもちょっとしたことでストレスを感じるようです。妊活は自分が努力すれば結果が出るというものでもないし、いつまで頑張れば赤ちゃんを授かれるかという期限が決まっているわけでもありませんので、日常的にストレスが溜まりやすくなるのではないでしょうか。しかし、妊娠を望む体にとってストレスは大敵だと思います。普通の生活をしていても何かしらのストレスはありますから、すべてのストレスを排除するのは難しいかもしれませんが、意識してできる限りストレス発散したほうがいいと思います。

ストレス発散方法にはどんなものがあるでしょう?まず手っ取り早いのは食べることでしょうか?しかし、食べることは妊娠しやすい体を作るためにも慎重にしなければならないと思います。気持ちのおもむくままに食べるのはよくないでしょう。

では買い物は?これもスカッとして気分転換には最適です。しかし好きなだけ買い物するわけにもいきません。買い物中毒になったら大変です。ガールズトークもいいかもしれません。でも、私の関心事は妊娠のことですから、同年代の女友達はすでに子育てをしていたり、妊娠中だったりすることも多く、逆にストレスの元になることもありえます。

音楽を聴いたりするのはどうでしょう。好きな音楽に没頭すればひとときは妊活のことは忘れられるかも。カラオケなどで歌うのもいいかもしれませんね。あとは運動もよいとよく聞きます。自分で意識的に運動のための時間を作れるなら効果的かもしれません。お風呂は毎日入りますから、バスタイムをうまく利用できれば気持ちの切り替えにはよいでしょう。しかし、これなら没頭できる。という趣味でもあればよいのですが、残念ながら私にはこれといって趣味というほどのものがありません。

それなら何か夫と一緒にできることでストレス発散はできないものでしょうか?赤ちゃんは2人に授かるものですから、私1人がストレス発散にいそしむより、2人一緒のほうがいいのではないかと思うのです。夫にもなるべくストレスを溜めずに妊活の期間を過ごして欲しいのです。

例えば温泉旅行などはどうでしょう。私は元々お風呂が大好きです。仕事のストレスも毎日のお風呂で解消してきたくらいです。温泉は妊活中の体にとってどうやら効果大のようなのです。1日に何度か温泉に入れば体が温まって血流が上がります。妊娠しやすい体を作るには冷えは大敵です。体を温めて血流、特に骨盤内の血流をよくすることが大切ですから、温泉はうってつけなのです。

それなら家のお風呂でも同じではないかというとそうでもなく、温泉に入るために2人で旅行をすることで気分転換ができて、ストレス発散につながるのです。温泉旅行に行くにはタイミングも大切なようです。生理の後の低温期なら妊娠している可能性はありませんから、車や電車の振動で揺られても安心ですし、少しならアルコールを楽しむこともできます。家族連れなどで賑やかなところよりは、大人の雰囲気の静かなお宿を選べば、もしかして自然妊娠できる可能性もありますね。なんだか想像しただけでウキウキしてきました。次の休みには、ひさびさに2人で一泊の温泉旅行に行こうかな。